産業災害の予防、人的・物的な被害防止、事故による生産性低下の予防、対外市場競争力強化、リアルタイムモニタリングが可能です。